薄毛の頭皮

副作用と事前検査

男性の頭

内服薬などを利用することが多いAGA治療は、アレルギー反応などをしっかりと検査します。
血液検査を行なう際、アレルギー反応が起こってしまうことがあるからです。
また、検査では血液中の物質の成分を把握することができるので、通常時との比較を行なうことができます。男性ホルモンの抑制などを行なう内服薬を使用した場合、男性機能が低下してしまうおそれがあります。そのような場合、正常な値を把握しておくことで治療をどう進めるのか判断することができるのです。
薬の副作用としては、肝機能障害や男性機能障害などが起こることが予想されます。国内で行なわれた臨床試験の結果としては1%未満という事もあり、医師の指示に従いながら正しく処方すれば問題ありません。
専門の医師が全面的にサポートを行なってくれるようになっているので、異常が発生した場合も問題なく対処してくれます。安心して治療を受けられます。自分で体調の管理をするのは難しいですが、医師に頼ることによって、正確な数値での管理が出来ます。体に異変があればすぐにわかるようになっているのです。

一般的なAGA治療の場合、市販の育毛剤や発毛シャンプーなどとの併用も出来るようになっています。
しかし、市販の育毛シャンプーなどは発毛や育毛に直接的な効果をもたらさないので効果などはあまり感じられないでしょう。
塗るタイプのAGA治療薬を利用する場合、カツラなどを利用してはいけないというように思っている方がいますが、治療の効果が薄くなることなどはないので治療中のカツラの使用に問題はありません。
さらに、治療中に髪の毛を染めることやパーマなどを行なうのは治療の阻害をしてしまうとなかなか思い切れない方も多いようですが、治療当日にカラーやパーマを行なわなければなんの問題もないとされているので、治療中も好きなように髪のオシャレを楽しむことが出来ます。
別のクリニックでも治療を行なっている場合は、担当の医師にどのような治療を行なっているのか伝えれば既に行なっている治療に合わせて阻害することのない治療を行なってくれるので一度相談してからAGA治療を受けましょう。